東京・大阪・横浜などの地域での害獣駆除は害獣駆除.jpにお任せ下さい!

*

年間受付件数20万件以上

0800-805-7749 初期費用0円、完全害獣駆除報酬  24時間365日受け付け!

0800-805-7749

野生とペット

私達が普段、目にしている動物はペットです。
ペット、もしくは動物園で暮らす動物達です。いずれも人に飼育されています。ですから、それ以外で野生の動物を見かける機会はあまりありません。そのため、いざ野生の動物に遭遇すると、恐怖してしまうことがあります。野生の生物は、自分達でエサを獲って生活しています。ですから目にも鋭さがあり、例え体が小さくても、対峙すれば負けてしまうような気迫を感じさせます。

駆除についてお話していくにあたり、暮らしの中で身近な動物から順番に生態を見ていきましょう。

○イタチ
夜になると盛んに走り回る生物であるイタチ。とにかく夜行性なので、夜になると天井裏から鳴き声が聞こえたり・・・ということもあります。イタチは体が小さいので、溝のような小さなすき間からでも家屋内に侵入することができます。イタチの鳴き声は「チュゥチュゥ」とか「キュー」のような鳴き声です。素人判断の駆除は避けましょう。

○アライグマ
こちらも夜行性です。ネコ目の動物で、野生のアライグマを見て恐怖してしまったという友人もいるほど。アライグマはその可愛らしい表情からキャラクターに用いられたりしています。ですがアライグマは雑食なので、野菜から動物まで色々な物を食べ散らかします。

○ハクビシン
やはりこちらも夜行性です。ハクビシンはネコ目の生き物ですが、あまりその名前を知らない方も多いでしょう。ハクビシンの外見上の特徴で言うと、ちょうどアライグマとイタチの中間のような風体をしています。ハクビシンは雑食ですが、果実を好んで食べます。

 

害獣駆除のことなら、害獣駆除.jpへご相談下さい!

スタッフ待機中!